「固定費を見直す前にやることは?」家計簿をつけるのが重要!その理由を解説!

・ 固定費を見直したいけど何からすればいいかわからない

・ 家計簿をつけてるけど長続きしない

・ おすすめの家計簿アプリを知りたい

こんな悩みをおもちの方はいませんか?

私も以前までは毎月の固定費を少しでも安くしたいと悩んでいました。

それから色々と調べてみて実際に試してみて固定費を以前より大幅に削減することができました。

でも固定費を下げる前にやるべきことがあります。

それは

家計簿をつけて自分が毎月何にお金を使っているか把握することです。

今回の記事を読んでもらえれば固定費を下げる前になぜ家計簿をつけないといけないかが分かります。

いま固定費を少しでも下げたいと思っている人で家計簿をつけていない人はぜひ最後まで見てみてください。

目次

家計簿をつけることがなぜ重要なのか?

結論としては家計簿をつける理由は

家計の収支をプラスにするためです。

家計の収支をプラスにすることができなければ家計簿をつける必要性はありません。

家計簿をつけることで自分が月にどのくらいお金を使っているかデータ化することができます。

毎月の収支と過去の収支を見比べ、見直すことで月の収支をプラス方向へと近づけることができます。

とし

家計簿アプリを利用すれば過去1年間の家計の収支を確認することができます。

ですがいきなり家計簿をつけることは難しいので今は家計簿アプリが多く存在しているのでアプリを利用することをおすすめします。

おすすめの家計簿アプリはZaimとマネーフォワードMeです。

実際に私の家計では、家庭用はZaimを使用してプライベート用はマネーフォワードMeを使用しています。

家計簿をつけると得られるメリット

悩んでいる人

家計簿をつけると、なんとなくいいのは分かったけど具体的にどんなメリットがあるの?

とし

実際に家計簿をつけると、どんなメリットがあるか説明していきます。

家計簿をつけることで得られるメリット
  •  毎月自分が何にお金を使っているか明確にできる
  •  自分にとって削減できる固定費がわかる
  •  キャッシュレス決済との相性がいい
  •  自分の資産がひとめで分かる
  •  モチベーションが上がる

上記の内容が実際に私が家計簿をつけていて感じたメリット一覧になります。

1つずつ詳細を説明していきます。

毎月自分が何にお金を使っているか明確にできる

家計簿をつける前は自分が毎月何にお金を使っているかまったく把握ができていませんでした。

とし

給与が振り込まれても、まるまるひと月で使い切ることなんて多かったです。

でも家計簿をつけることにより自分が何にお金を使用しているか明確にすることができました。

お金の使い道を明確にしておくことで

「これ以上はお金を使いすぎている」

と自分でどれくらい今使っているか判断できるようになり使いすぎにブレーキをかけることができます。

年末年始の時期などは、楽天やAmazonn・デパートなどセールなどが多く開催されています

なのでお財布のヒモが緩みがちになりますが、家計簿をつけておくことで本当に必要で買うべきものは何か明確にすることができます。

自分にとって削減できる固定費がわかる

年齢や家族構成、住んでいる場所によっても毎月の固定費は変わってきます。

でも家計簿をつけていないと、毎月の固定費も何に支払っているか把握することができません。

毎月の固定費を家計簿につけていけば

家計簿をつけることにより自分にとって削減しやすい固定費を見つけることができます。

私の場合は下記の内容の固定費を見直しを行い削減していきました。

私が見直しをして削減をした固定費一覧
  • 通信関係(スマホ料金・ネット回線)
  • 光熱費の見直し 
  • 保険の見直し 
  • 車関係費用の見直し 

家計簿をつけてことによりこの項目については他の人と比べて多額のお金を払っていると気づくことができたので実際に見直しを行いました。

実際に見直しを行い月3万円くらい削減することができました。

キャッシュレス決済との相性がいい

私の家では家計簿アプリのZaimを使用してるのですが、クレジットカードとキャッシュレス決済の情報を連携をしています。

とし

カードとキャッシュレス決済情報を連携しておくと半自動的に家計簿を作ってくれます。

家計簿をつける時に嫌なこと第1位は記入するのがめんどくさいことです。

私も最初のほうは、毎回購入したものなどの情報を記入していくのがとてもめんどくさかったです。

でも、事前に連携させておくおくことでそのめんどくさい事項を短縮できます。

私は普段の支払いは基本的にカードかキャッシュレス決済なのでアプリが半自動的に家計簿を作成できます。

入力のわずらわしさがないので、普段の支払いが主にキャッシュレスの人はおすすめできます。

自分の資産がすぐに分かる

家計簿アプリはクレジットカードとキャッシュレス決済情報を連携できるのは、さきほどお伝えしました。

それ以外にも自分が使用している銀行の口座情報や証券会社の情報なども連携することができます。

連携できるおかげで今自分の総資産がいつでも確認することができます。

給与が振り込まれた時や積み立てnisaやidecoなど投資信託をしている人でもボタン1つで今の口座情報をすぐに確認することができます。

モチベーションが上がる

さきほど、お伝えしたとおり銀行や証券会社を連携させておくと、一目で総資産を確認することができます。

そのおかげで自分の目標としている資産まで、あとどのくらい到達できるか確認することができます。

データ化することで普段自分がどれくらいお金を使っているので1年でどのくらい貯金ができるかなども逆算して予想することができます。

実際に目に見えるか見えないかでモチベーションも違いますし、継続する気持ちも変わります。

私の場合は継続するのが苦手なのでいつも家計簿をつけてモチベーションを維持することができています。

今回のまとめ

今回の記事の内容は固定費を下げる前にやるべきことは家計簿をつけるのが重要という内容でした。

家計簿をつける理由としては

家計の収支をプラスにするため

ということを強くお伝えしてきました。

家計簿は家計の収支をプラスにするために必須のツールです。

それ以外にも家計簿をつけることで多くのメリットがあります!

家計簿をつけることで得られるメリット
  •  毎月自分が何にお金を使っているか明確にできる
  •  自分にとって削減できる固定費がわかる
  •  キャッシュレス決済との相性がいい
  •  自分の資産がひとめで分かる
  •  モチベーションが上がる

家計簿は最初こそ記入するがめんどくさいですが、口座やキャッシュレス情報を登録しておけばアプリが半自動的に家計簿を作成してくれますので継続力がない人でもサポートしてくれます。

おすすめの家計簿アプリはZaimとマネーフォワードMeです。

今固定費の見直しで悩んでいる方はぜひ家計簿をつけることからチャレンジしてみてください。

それではまたお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる